スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫

2013.9.13 準広汎子宮頸部摘出手術へ

朝がきました。

ヨカッタ、そんなに喉は乾いてない。

手術当日は何にも飲めないもんもんね。

歯磨きで十分な感じでした。

8時頃、浣腸で腸をキレイにするのはたまらんかったなあ(笑)

個室でヨカッタよ〜(´゚艸゚)ププッ

夜中には下剤が効いて、ちゃんとトイレ行ったのに、まだ出るもんなんだな(´ε`*)



手術はお昼からだったので、それまで喉が渇かないかなと思ってましたが、

割と大丈夫でした。

病室が変わるので荷物をまとめたりしてましたが、気分も落ち着いてます。

手術用の病衣に着替えて、病院に用意された血栓予防の着圧ソックスを履きます。

IMG_0029.jpg


11時頃、点滴を開始。

そして車椅子に乗って両親と手術室へ向かいます。



きっと両親の方が私より緊張してるだろうな。



私は大丈夫だよ!





そしていよいよ手術室へ。


前の病院も凄かったけど、また九大の手術室はバリ広い!!

「めっちゃスゴイ!!NASAか!?いやNASAはもっとなのか!?」

「でしょ〜。みなさん驚かれるんですよ〜。」

車椅子で運ばれながら、患者である立場を忘れてはしゃぎすぎました( ´艸`)



手術台に乗って、心電図つけたり準備が始まり、

麻酔科の先生によって、背中に術後の痛み止めを注入するための管を通す作業が始まります。

これは痛かった!☆

センチネルなんかより、こっちが要注意だった!!!

しかも難しいのか5回くらいやり直した!!!

体を横向きにして丸まって、

管が背中に入っていく途中で

「いっ...!」

って声が出るくらいは痛い...!

背中に管が入っていく途中で、痛い場所に管が触る感じがあって、

痛くなると中断し、この作業用の痛み止めの注射を追加してまた管を入れ直す。

この繰り返しが5回。

20分くらいかな〜。

やっと終わった時は脂汗かいてましたよ(>_<;)

あとは仰向けになって酸素マスクがついたら、マスクから麻酔が入ります。




どうか、上手くいきますように!

先生、お願いしま〜す♡


にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫
スポンサーサイト

2013.9.12 前日は忙しい

今日は千客万来です。

いつも通り1日3回の検温と血圧測定に看護師さんが来て、

乳製品とか胃に残りやすいものは食べないでねと説明に来て、

薬剤師さんがアレルギーとか確認に来て、

麻酔科の先生も確認に来て...。

おへその汚れをオリーブオイルで取ってもらって、

股上部分の除毛を電動カミソリ的なものでしてもらって。

などなど。



でも今日のメインはセンチネル!!

い、痛いのか......!?

先生や看護師さんにしつこいほど聞いちゃいました(笑)

「痛くないとは言い切れないけど、だいたいの人は平気そうだよ。」

ほ、本当でしょうねえ!?

いつもの内診台に座って、体内にいつもの診察の時のような器具がまず入ります。

そして場所を確認しながら、体内に4回の注射...。



あれ?大丈夫かも?

むしろ最初の器具が入る時の方が痛いかも。

いつも診察で器具入る時ちょこっと我慢してるんですよね〜、実は。

器具が入るのはいいんだけど、その後器具をちょこっと広げるような時があって、

一瞬グッと我慢するんです。


このセンチネル用の注射は、針を刺されるような感覚はなく(鈍いのか?)

じわ〜っというか、ずず〜んと注入されたモノが重々しく染み込んでくる感じ。

多少は痛みもあるけど、普段の注射とか我慢できる人なら堪えられる範囲だ!

ヨ、ヨカッタ(≧∀≦*)ノ

これだけが恐かった!!

だって体内に直接針が刺さるのとか想像してたまんなかったもんな〜(笑)


この注射の薬で、沢山のリンパ節の中からセンチネルリンパ節を見分けられるように

色付けするような処置みたいです。

手術中にセンチネルを探してる時間はないから、前日にこの処置がいるんですって。

後はMRIみたいな機械でセンチネルリンパ節の撮影をして終わりです。

終了後も余裕で歩けるし、楽勝だった〜


☺ ☺ ☺

夕方から両親同席で、手術の説明を受けました。

主治医で女性の若い先生と手術をメインで担当される平井堅似の先生。

そしていくつもの書類にサイン。

いまのところ、私の希望している準広汎の範囲と頸部の切除という予定でいけそうです。

術中にセンチネルリンパ節を切除して、すぐ検査して、癌の転移があれば、

骨盤内リンパ節も子宮も全摘に変更になる。

どうか、どうか、これ以上は切らなくて済みますように!!!

IMG_2084.jpg

いやいや、しかし、私的難関は乗り切った!

あとは術前食の全がゆ食べて下剤を3錠飲んで、

更に下剤のドリンク飲めば今日は終了。

このドリンク(上の画像です)酸っぱいというか、むせる味でとにかくマズイです...(* ̄^ ̄)



午前0時からは絶飲食だから、

朝起きた時に水飲まないようにしなきゃな。



ここまで来れば、先生に任せるのみだ

信頼して、手術台に上がろう




にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫

2013.9.11 入院と手術の準備品

明後日に手術を控え、いよいよの入院です。

今回は入院の為の保証人サインとか、そういった書類は一切なし。

検査入院を終えた時にもらった「継続入院確認書」の1枚のみを、

入院受付カウンターへ出しました。

そして入院するお部屋は...

IMG_2082.jpg

ま、まさかの個室~~~!!!Σ(´□`ノ)ノおぉ!!!!!

なんと大部屋満室~~~!!!Σ(´□`ノ)ノおぉ!!!!!

トイレもシャワーも洗面台も室内に完備 アワワワ((((゚ □ ゚ ) ゚ □ ゚))))アワワワ

病院都合での個室なので追加料金もないというラッキー具合!

大部屋も楽しかったけど、個室はやっぱり楽ですね。

お風呂は予約とらなくてもいいし、夜中にトイレ行っても気を遣わない★

そしてテレビはイヤホンなしで見れる★

手術直後に移る予定の、回復室というICUならぬHCUのお部屋も個室だし、

1週間くらいは個室が利用できそうです。

IMG_0021.jpg

さて、明後日の手術の為に準備するものを言い渡されました。

入院してから買い揃えろってのも不思議な話ですが、

院内のファミマですべて買えるから...ってことみたいです。

T字帯は円錐切除手術の時に買ったものを持ってきてました。

新たに買ったものは腹帯2枚です。

IMG_0022.jpg

患者仲間からの情報では、紐で結ぶタイプの腹帯よりマジックテープ式の方が

後々に自分で着替える時に楽だと聞いていたので、マジックテープ式を買いました。

この紙おむつとかの準備品は、看護師さんに分りやすいように

紙袋などに別に分けておくそうです。



その他、入院生活で重宝したものは、

■ペットボトル用のストロー(術後用)......傷が痛むうちはこれが必須。寝たまま飲めるのは助かります。

■ウェットティッシュ

■延長コード......回復室などの個室は、コンセントが遠かったりするので。

■レンタルのポケットwifi......iphoneのデザリングが不調になってしまったので(笑)¥4,000/月。

■シャンプーなどはボトルのまま持ち込み。

■ゆるゆるパンツ......術後お腹が張りますし、傷部分にゴムの締め付けがちょっとキツいので。

■退院時(外出)用のゆるゆるボトムの服

......パンツ同様ゴムのゆるいもので、ジャージのように股下に幅があるもの。

むしろゴムのスカートやワンピースなどあると、着やすいと思います。

とにかくお腹や股をしめつけたくないカンジです。


☺ ☺ ☺


まだ緊張とかはないな。

考えないようにしてるのかな。

今日は検査や先生のお話などは何もないし、

個室でネットでも楽しませて頂きます♪(´ε`*)

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫

手術を待つ毎日

手術まで2週間程度。

神戸の自宅で考えていたことは、

癌とか開腹手術とかのことではなく、

検査入院中に聞いた情報、

「手術前日にやるセンチネルの注射は出産並みに痛い!!」

のことだった(-“-;)


同室に入院した方で、センチネルと子宮温存の手術を終えた方の経験談。

「股から体の内側に注射を4本打つんだけど、私は出産並みに痛くって、診察台から降りた時倒れて、そのままハリーさんコールになって大騒ぎになっちゃったよ〜!あれさえ乗り越えたら、後はそんなに辛くないよ」

(※ハリーさんコールは、先生を緊急で呼び寄せる院内放送みたいです。)

ってゆーか、何それ!?

どんだけ痛いんだよ!?

出産とか経験ない分めっちゃ恐いんだけど!!!

そんなに痛いのに麻酔とかないわけー!?

イヤダーーーーーーーッ!!!

☺ ☺ ☺

毎日こればっか考えてました(笑)

だって恐いんだよ!

意識あるうちにそんな痛い思いしなきゃならないなんて……。

みんな癌が悪いんだーーーーーーッm(。≧Д≦。)m

※実際には割と平気でしたので、個人差もあるでしょうが、これから受ける方はそんなに心配しないでくださいね☆
センチネルの様子はこちら ☞ 9/12


にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫

2013.8.27 貯血2回目

今日は通院で九大病院へ。

MRIは他の病院で撮りましたが、輸血用の血を貯める為に来院です。

採血の結果が、ちょっと貧血ぎみだったようなんですけど、

貯血は決行。

また400ccです。

これで安心して手術に臨めるかな♫

それにしても、

前回の貯血では、自力歩行はあぶないからなんて車椅子で送られたのに、

今回はすぐ立ってよくて、

自力で次の治療室へ歩きましたよ。

今日は貧血気味なんじゃないの〜?

変なの。

でも次の治療室で、血を増やす注射をされました。

「この注射、痛いよ〜!!」

と、3人くらいの看護師さんに脅されましたけど、

いやいや、なんちゃないッスよ(≧∀≦*)ノ

私はやはり痛みに強いのかな?

☺ ☺ ☺

よし。

手術前の準備は終わったし、

いったん神戸に帰ろう♫

自宅がカビてませんよ〜に(´゚艸゚)ププッ

✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿

診療費 ¥9,370 (血を採るのもこのお値段 ド━━━(゚ロ゚;)━━ン!!)

✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫

2013.8.23 九州画像診断クリニック

前の晩から絶食し、またまたMRIを撮りにきました。

九大病院の提携先で、MRI撮影専門店です♫

そんなクリニックがあるんだな〜。

tumblr_inline_mtkexaDbWP1rh2jdc.jpg


流れは毎度同じです。

副作用の説明とか造影剤の同意書のサインとかして、

肩に内蔵の動きを大人しくさせる注射して、

だいたい1時間くらいで終わります。

ここのクリニックの造影剤は点滴ではなくて、撮影途中に注射を打つ方法でした。

注射の後、やっぱりミントみたいな香りが鼻から抜けてくんですよ。

他の人もそうなのかな?

画像は直接クリニックから九大に送られますが、後日私にDVDが渡されました。

見ないけどね。





それにしても、限度額認定証はちゃんと効力を発揮してるのかな?

✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿

診療費 ¥11,280 (兵庫とはいろいろ金額に差があるな〜)

✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫

2013.8.22 一時退院

というわけで、

本日退院し、外部のMRIの撮影専門店的な病院へ行く事になりました。

あっさりした検査入院だったな〜。

でも、おなじ子宮癌の治療に取り組む仲間とお喋りできたのは収穫だった。

すごい気が楽になったな。

自分だけじゃないって思えたし、

いろんな病気に関する情報を聞く中で、

実際に治る病気なんだって思えてきて、

自分に言い聞かせるんじゃなくて、本当に治る事を信じられるようになって、

その収穫は大きかった。

入院も捨てたもんじゃない。

tumblr_inline_mtkfz7jfbz1rh2jdc.jpg


しかしまー……

この入院費の金額は何!?

¥78,390?

思わず会計の人に聞いちゃいましたよ。

「……限度額認定証出してますよね?」

「はい」

8月は九大での初診も払ったけど、この金額なんすね…。

これって今月はもう9万円弱払うことになるよねえ?

1ヶ月累計で8万ちょっとが限度額のはずだけど、

超えてるってことは診療費でなくてサービス料の分なんスかね。

そんなに沢山検査してないけどな〜。

確かにCT撮影とかは高そうだけど、

血もいっぱい採ったけど、

こんなにするのか〜。

そうなのか。

まー仕方ない。

設備の良さや権威のもとの安心と引き換えにな(笑)

✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿

検査入院費 ¥78,390 (円錐切除の入院より高いとは…(-“-;))

✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫

2013.8.21 CT検査

今日は採血、心電図、CTと盛りだくさん。

検査入院らしい日です(笑)

CT用の造影剤の為に、同意書のサインとか諸々を記入して、各検査室を自分でまわります。

CTってのはMRIの機械に似てるけど、MRIみたいにうるさくはなかったな。

ただじ〜っとして撮影終了。

よしよし。

あとはMRIくらいだな。

と思っていたら、夜に病室へやってきた先生が、

「院内でMRIの予約がとれないんだよ〜。明日退院して、外部の提携病院で撮影して欲しいんだけど、大丈夫?」

あ、そうなんすか?

全然いーんですけど、やっぱり今回の入院の意味はなかったようにしか思えないんですけど〜(笑)

大部屋でお金かかってないなら、入院の方がお得で楽なものなのかな?

それとも検査中に気分が悪くなる人とかいるからかな?

よくわからんな〜。

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫

大部屋のいいところ

暇なとき、漫画とネットで時間つぶしかな〜と思っていたのですが、けっこう同室の人とお喋りしていて時間が経っていたりします。

やっぱり女同士、患者同士♫

今回のお部屋のメンバーは、

癌の繰り返しの再発を化学療法と放射線治療でずっと乗り切ってきている50代の方、

鹿児島から子宮温存の為に九大まで来たけど手術後の結果が思わしくなく、追加で抗癌剤投与をするかの選択を迫られている30代の方、

病気の特定がまだ出来ていなくて不安そうな20代の方、と様々。

あ〜、みんな…大変だ。

本当に、大変だ。

私は化学療法などの追加治療はほぼないと思われるし、完治の見込みがあるなんて、なんてラッキーなんだろう!!!

そう噛み締めながら驚くのは、

「ねーねー、このウィッグめっちゃかわいくない?」

「金髪もたまにはよくない?」

「やっぱ地肌感は大事だよね〜」

「外出許可とって、駅ビルまで見に行こっかな〜」

という、抗癌剤に対してのなんとも明るい会話☆

ここでは、癌であることがまず普通(普通じゃないけど)。

進行具合とかは違っても、

癌と告知された時の衝撃、

母親に泣かれたり、

家族の前では大丈夫だと強がってみたり、

毎晩独りで泣いちゃったり、

5年生存率がどうとか話されたり、

自分は死ぬのかな〜とか考えたり、

……

病気に対する体感温度が同じ仲間と、今の生活についてお喋りできるって、

これはスゴイ心強い!!!

家族とカツラの話をしたら、どこか物悲しくなりそうだけど、

患者同士だと、放射線治療なんて当然あり得る話だから、カツラの話も普通にできるし、どんな段階をおって髪が抜けて、生えてくる時はどんな風か、実際には長く生えそろうまでカツラを使うものなのか、

なんて話を、めっちゃ大声で爆笑しながらお喋りしていると、

だいたい夕方になっています。

最初は他人と同じ部屋なんて面倒くさいかな〜とか思ってましたが、

大部屋でヨカッタかも。

私はそんなに悲観的ではなかった方だけど、

やっぱりこの大部屋で気持ちが軽くなったように思います。

みんなも闘ってんだから、

私も闘えるだろう!


にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫

2013.8.20 自己血貯血

今朝は6時から採血がありました。

看護師さんに起こされて、ベッド上で寝ぼけたまま、ちゅーっと。

なんて楽チンな採血なんだ。

なんでも今日は糖分を取る前の血で検査する為、寝起きすぐに採血だったみたいです。

その血が貧血もなく検査OKだったら、貯血に行きます。

ジコケツチョケツです。

ハヤクチコトバかい!!

tumblr_inline_mtipzl7ott1rh2jdc.jpg


2階の輸血センターで 400cc。

また1週間後に400cc採って、合わせて800ccの貯血です。

手術の時の輸血分を自分の血で採っておくんですって。

これが多い量なのかどうかはよくわからないけど。

もし手術中に自己血での輸血で足りない時は、当然一般的な輸血を足すわけですが、その場合は術後に肝炎とかHIVとかの感染の検査をするんですって。

でも大概の人はそんなに輸血は不要なまま手術成功しているようなので、まず心配ないでしょう!

☺ ☺ ☺

貯血にかかる時間は30分くらい。

病室に帰る時は、なんと車椅子で送ってもらいました♫

人生初車椅子(๑>◡<๑)

そんな大袈裟な…とも思いましたが、やっぱり広い病院を歩いて病室に戻るのはしんどかったかもしれないな。

お心遣いてんきゅーです。

☺ ☺ ☺

午後になって、看護師さんが若干パタパタしだした気がする…。

病室を小綺麗にしてまわってるみたい。

「みなさん、お散歩とかはちょっと待ってくださいね」

そして普段は開けっ放しの病室のドアが閉められた。

すると同室の人が、

「あ〜、今日は火曜やもんね」

「くるよ〜( ´艸`)」

何が?

「ぞろぞろくるよ〜」

おお〜〜〜!

もしかして巨塔!?(笑)

「白い巨塔の教授回診は、九大の外科がモデルらしいもんね」

あれ?

大阪大学がモデルじゃないんかな?

回診についてはってことかな?

14時になると回診のアナウンスが入りました。

財前教授じゃないけどね(笑)

先生方は入室する前に、閉じてあるドアの前で患者の状態を報告してから入ってくるらしい。

ドアの外でうじゃうじゃと何か話してるのが聞こえて、ガラッと開いたドアから白衣の集団がやってきた。

20人くらいかな。

グルッとベッドを囲まれた。

「具合はどうですか?」

と初めてお会いする2人目の准教授の方。

教授の日とか准教授の日とかあるみたい。

患者側もちょっと気を遣うよね〜(笑)

でもやっぱり若い先生方の方が緊張してたみたい。

大変っすね☆

でも九大病院に助けを求める患者は沢山いるから、若い先生方、ガンバッテ下さいね〜!!

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫
About

Junko

Author:Junko
+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚


ご訪問ありがとうございます
神戸市在住のJunkoです
(。・ω・。)
読みづらいとこもあると思いますが、よろしくおつきあい下さい♫


★子宮頸がん★
子宮頸部の検診(細胞診)でクラスⅤと診断され、円錐切除手術による病理検査で1b1期の子宮癌が認められました。
2.5㎜の浅い癌でしたが、
2013.9.13
準広汎子宮頸部摘出手術と
センチネルリンパ節生検を受けました。

2016.9 → 転移はなく平和に過ごしております♫



+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

Calendar
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
New Entry
Category
Archive
Comment
Trackback
Counter
instagram
Favorite Link
Search Form
RSS
QR Code
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

博多んもん★点取り
Σ(´□`ノ)ノおぉ!!!!!
[ジャンルランキング]
心と身体
4604位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
1067位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。