スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫

2013.8.23 九州画像診断クリニック

前の晩から絶食し、またまたMRIを撮りにきました。

九大病院の提携先で、MRI撮影専門店です♫

そんなクリニックがあるんだな〜。

tumblr_inline_mtkexaDbWP1rh2jdc.jpg


流れは毎度同じです。

副作用の説明とか造影剤の同意書のサインとかして、

肩に内蔵の動きを大人しくさせる注射して、

だいたい1時間くらいで終わります。

ここのクリニックの造影剤は点滴ではなくて、撮影途中に注射を打つ方法でした。

注射の後、やっぱりミントみたいな香りが鼻から抜けてくんですよ。

他の人もそうなのかな?

画像は直接クリニックから九大に送られますが、後日私にDVDが渡されました。

見ないけどね。





それにしても、限度額認定証はちゃんと効力を発揮してるのかな?

✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿

診療費 ¥11,280 (兵庫とはいろいろ金額に差があるな〜)

✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫
スポンサーサイト

2013.8.22 一時退院

というわけで、

本日退院し、外部のMRIの撮影専門店的な病院へ行く事になりました。

あっさりした検査入院だったな〜。

でも、おなじ子宮癌の治療に取り組む仲間とお喋りできたのは収穫だった。

すごい気が楽になったな。

自分だけじゃないって思えたし、

いろんな病気に関する情報を聞く中で、

実際に治る病気なんだって思えてきて、

自分に言い聞かせるんじゃなくて、本当に治る事を信じられるようになって、

その収穫は大きかった。

入院も捨てたもんじゃない。

tumblr_inline_mtkfz7jfbz1rh2jdc.jpg


しかしまー……

この入院費の金額は何!?

¥78,390?

思わず会計の人に聞いちゃいましたよ。

「……限度額認定証出してますよね?」

「はい」

8月は九大での初診も払ったけど、この金額なんすね…。

これって今月はもう9万円弱払うことになるよねえ?

1ヶ月累計で8万ちょっとが限度額のはずだけど、

超えてるってことは診療費でなくてサービス料の分なんスかね。

そんなに沢山検査してないけどな〜。

確かにCT撮影とかは高そうだけど、

血もいっぱい採ったけど、

こんなにするのか〜。

そうなのか。

まー仕方ない。

設備の良さや権威のもとの安心と引き換えにな(笑)

✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿

検査入院費 ¥78,390 (円錐切除の入院より高いとは…(-“-;))

✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫

2013.8.21 CT検査

今日は採血、心電図、CTと盛りだくさん。

検査入院らしい日です(笑)

CT用の造影剤の為に、同意書のサインとか諸々を記入して、各検査室を自分でまわります。

CTってのはMRIの機械に似てるけど、MRIみたいにうるさくはなかったな。

ただじ〜っとして撮影終了。

よしよし。

あとはMRIくらいだな。

と思っていたら、夜に病室へやってきた先生が、

「院内でMRIの予約がとれないんだよ〜。明日退院して、外部の提携病院で撮影して欲しいんだけど、大丈夫?」

あ、そうなんすか?

全然いーんですけど、やっぱり今回の入院の意味はなかったようにしか思えないんですけど〜(笑)

大部屋でお金かかってないなら、入院の方がお得で楽なものなのかな?

それとも検査中に気分が悪くなる人とかいるからかな?

よくわからんな〜。

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫

大部屋のいいところ

暇なとき、漫画とネットで時間つぶしかな〜と思っていたのですが、けっこう同室の人とお喋りしていて時間が経っていたりします。

やっぱり女同士、患者同士♫

今回のお部屋のメンバーは、

癌の繰り返しの再発を化学療法と放射線治療でずっと乗り切ってきている50代の方、

鹿児島から子宮温存の為に九大まで来たけど手術後の結果が思わしくなく、追加で抗癌剤投与をするかの選択を迫られている30代の方、

病気の特定がまだ出来ていなくて不安そうな20代の方、と様々。

あ〜、みんな…大変だ。

本当に、大変だ。

私は化学療法などの追加治療はほぼないと思われるし、完治の見込みがあるなんて、なんてラッキーなんだろう!!!

そう噛み締めながら驚くのは、

「ねーねー、このウィッグめっちゃかわいくない?」

「金髪もたまにはよくない?」

「やっぱ地肌感は大事だよね〜」

「外出許可とって、駅ビルまで見に行こっかな〜」

という、抗癌剤に対してのなんとも明るい会話☆

ここでは、癌であることがまず普通(普通じゃないけど)。

進行具合とかは違っても、

癌と告知された時の衝撃、

母親に泣かれたり、

家族の前では大丈夫だと強がってみたり、

毎晩独りで泣いちゃったり、

5年生存率がどうとか話されたり、

自分は死ぬのかな〜とか考えたり、

……

病気に対する体感温度が同じ仲間と、今の生活についてお喋りできるって、

これはスゴイ心強い!!!

家族とカツラの話をしたら、どこか物悲しくなりそうだけど、

患者同士だと、放射線治療なんて当然あり得る話だから、カツラの話も普通にできるし、どんな段階をおって髪が抜けて、生えてくる時はどんな風か、実際には長く生えそろうまでカツラを使うものなのか、

なんて話を、めっちゃ大声で爆笑しながらお喋りしていると、

だいたい夕方になっています。

最初は他人と同じ部屋なんて面倒くさいかな〜とか思ってましたが、

大部屋でヨカッタかも。

私はそんなに悲観的ではなかった方だけど、

やっぱりこの大部屋で気持ちが軽くなったように思います。

みんなも闘ってんだから、

私も闘えるだろう!


にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫
About

Junko

Author:Junko
+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚


ご訪問ありがとうございます
神戸市在住のJunkoです
(。・ω・。)
読みづらいとこもあると思いますが、よろしくおつきあい下さい♫


★子宮頸がん★
子宮頸部の検診(細胞診)でクラスⅤと診断され、円錐切除手術による病理検査で1b1期の子宮癌が認められました。
2.5㎜の浅い癌でしたが、
2013.9.13
準広汎子宮頸部摘出手術と
センチネルリンパ節生検を受けました。

2016.9 → 転移はなく平和に過ごしております♫



+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

Calendar
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
New Entry
Category
Archive
Comment
Trackback
Counter
instagram
Favorite Link
Search Form
RSS
QR Code
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

博多んもん★点取り
Σ(´□`ノ)ノおぉ!!!!!
[ジャンルランキング]
心と身体
5422位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
1170位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。