スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫

2013.9.16 術後3日目

おお⁉︎

今日は元気な気がする~(❛ ◡ ❛)❤

熱は37.2℃。

1日たつ毎に、回復している実感があります。

弱ってる分、少しの回復でもちゃんと実感できる気がする。

顔色も普通に戻ったみたい。

痛みはあるけど我慢できる程度だし、ベッドから降りて延長コードやwifiを繋ごう

IMG_2087.jpg

今日の進捗状況は、

■ 尿管が取れて、自力排泄となる。

■ 食事が7分粥、5分粥になる。

■ 点滴や注射の痛み止めが、錠剤になる。胃薬とセット。(ロキソプロフェン&テプレノン)

■ 便を柔らかくする薬が出る。(マグラックス)

■ 内診室までの往復が歩ける。

■ お腹のドレーンが2個ともとれる。

■ 点滴台から自由になる。(腕に針は刺さっているが、管を繋ぎっぱなしではなくなる)

■ 会話してても疲れなくなってきたが、笑うとお腹が痛い。



3日目はものすごい進歩しました!

何と言っても点滴台と繋がってないし、ドレーンもない!!

ヤツらはホント~に邪魔だった!

寝返りうつ時とか、お腹の中に突っ張り棒が入ってるみたいでちょい痛かったし、外に出てるチューブや液を溜める袋がめっちゃ気になった!






しかし、3日目にして尿管もとれるんだ?

検査入院で知り合った患者仲間達は、だいたいの人が1週間は尿管をつけていて、

その後排尿訓練が始まって、3時間おきにトイレに行かなきゃならないとかって聞いたけど。


この、3日目にしてすぐにも管がとれるカンジ、そして浮腫みのないカンジ......。


これがセンチネルリンパ節生検の効果なんですか!?

入院前に心配してた事は、ほとんど取越し苦労(笑)

排尿訓練はないし、リンパマッサージの指導もない!

尿に関しては24時間だけ尿量を計ったけど、量も問題なし。

あ~、ヨカッタ(^∇^)




気になる事と言えば、お腹がすっごいポッコリ出てること。

いや、もともとも出てましたが(笑)

以前にも増して強烈に出てる......。

この腹に腹帯巻いて服なんか来たら、電車で席を譲られる事間違いないってカンジっす。

起き上がるようになってこのポッコリに気がついたわ。

いつ引っ込んでくれるのかな~(´^`)

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫

2013.9.15 術後2日目

2日目は熱が37.8℃。

昨日より少し下がって、意識がよりハッキリしてきました。

何よりお腹の痛みがマシになってる~♫

うれしい~(꒦ິ⌑꒦ີ)

まだズキズキしてて痛いけど、昨日よりずっとマシ~!


今日は食事再開で10分粥を食べました。

味もそっけもなく、半分くらい食べれなかったのですが、

回復の為に出来るだけ完食しないとな。



そして内診室まで歩いて向かいます!

これは頑張った!

ベッドをリクライニングで起こし、

ベッド脇の手すりにつかまって、ベッドから足をおろして座る。

ここでちょい休憩(笑)

点滴台につかまりながら、ゆっくり向かいました。

何とか歩ける!

内診室でズボンを脱ぐ時に片足重心になるのもクリア!

でも内診台に座るまではOKで安心したのもつかの間、

内診台が勢いよく回るので、ストップする時の振動はちょっと腹に響きました(>_<;)

新しい内診台はゆっくりなのですが、今日のはガタンッて勢いあって痛かったわ〜(笑)



そして内診ですが、最初は

「内蔵も切って縫ったばっかりなのに、もう触っていいの〜!?痛いんじゃないの〜!?」

とビビっておりましたが、なんちゃない。

全然平気でした。

先生も、

「うんうん、キレイになってるよ〜。順調だね〜。」

と言われてて、安心しました。

膣内を洗浄して薬を入れて終わりです。

この薬は初診でもらったモノと同じフラジールだそうです。

洗浄と薬を入れるのは、退院まで毎日続きます。

診察からの帰りは車椅子で送ってもらいました。

明日は自力で歩かなきゃな。

IMG_0038.jpg


さて上の画像、ワタクシの足でゴザイマス<(_ _*)>

この着圧ソックスをずっと履いてます。

予備がもらえないのは残念。

洗っては乾燥機にかけて履いていたのですが、

どなたか購入できるところってご存知ないでしょうか?

できれば同じもので予備があればいいな〜と思うのですが、

病院では同じモノは販売してませんでした。(違うメーカーのは売ってます)

残念。

医療用でないものは自宅にもあるので、

退院後はそれと交代で使おうかなと思います。

この指先の穴があるおかげで、

体を拭く時にはソックスを脱がなくても指先が拭き取れるので便利です。

術後ではソックスの脱ぎ履きがしんどいので。

エアーマッサージ

あと上記画像は現物ではなくイメージですが、

エアーマッサージみたいなポンプが足に装着されます。

これめっちゃ気持ちいいです♫

できればずっと使いたいくらいでしたが、今日で最後の使用となりました(´ε`*)

後は自力で運動しろということですかね〜。




それ以外に、背中の痛み止め注入が終わってチューブがはずれました。

おお〜、少しずつ身軽になっていくんだな。

痛み止めは点滴と注射が続行中です。

あとは血栓予防の注射を腕にしてもらって今日は終了。

本当は、歩けるなら排尿管も取ろうかと言われたのですが、

これは明日まで待ってもらいました。

だって取ったら自力でトイレに行くんでしょう!?

何回もベッドから起きたりするのはしんどいし〜。

自力で寝る体制変えるだけでもキツいので!(ケツが痛いから頑張って向き変えるけど!)

明日から頑張ります!








昨日はほんと痛いばっかりだったけど、

今日はちょっと楽だったな。

さ、消灯時間だけどTVで「半沢直樹」を観てから寝よう(´゚艸゚)ププッ


にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫

2013.9.14 術後1日目

夜の間は意識があったりウトウトしたりの繰り返し。

途中、痛みの自覚が出てきてキツかったです (-"-;)

次に目が覚める時には痛みが弱まってるかもと期待するのですが、そうでもない(笑)

本人としては、何度も寝るので時間が経ってる気がしたのですが、

実際には1時間とか30分くらいで起きちゃうので、そんなに変化なしなんです。

点滴を打ったばかりで次の痛み止めがまだ出来ないとか、

連続で点滴からは入れれないので注射の痛み止めをしてもらったり。

けっこうナースコールしっちゃったかも......。

注射でも何でもいいから、腹の痛みを誰か止めて〜!!







朝になって、熱っぽいものの意識はだいぶハッキリしてきました。

そしてまだ痛い......。

酸素マスクはとれましたが、ほかに

■ 腕に点滴(痛み止めや抗生剤)

■ 背中にチューブ(痛み止め)

■ お腹に2つのドレーン(リンパ液が出てくる)

■ 排尿管

などが繋がれていて、ついでに両足にマッサージポンプもついてます。

重装備 (* ̄^ ̄)



お水が飲めるようにもなります。




お昼頃、歩いてみようと言われた時には

「無理だしッ!!!(゚ロ゚;)」

と思ったのですが、何とか立つ事は出来ました。

立つ前の座る姿勢までがちょっと時間がかかります。

ベッドのリクライニングや手すりを使ってヨッコラショっと。

歩くのは5歩くらいでリタイヤですが、歩けただけでもビックリです

昨日腹切ったのに、歩けるもんなんだな〜。

看護師さんも無理には歩かせないので、キツい時は言えば大丈夫です。

皆さんかなり優しいので♡

ちなみに、手術が朝一だったりすると、もう少し歩ける人が多いそうです。

私はお昼からの2例目手術で、終わったのも夜遅かったので、こんなもんでしょう!!



そのまま、起きたついでに体をホットタオルで拭いてもらい、

紙おむつからゆるゆるパンツに履き替えました。

このパンツ......皆さん、マジでゴムのゆるいものか、サイズの大きいものの用意をオススメします

腹帯をつけていても、体を締め付けるスポーツタイプのようなパンツは痛いです(>_<;)

普段MサイズならLに、もしくはLLでもいいくらいです。

少量の出血があったりもするのでナプキンかおりものシートも使います。

そして、座ってる体制をキープするのも疲れます (*_*)





寝る時、背中の下に枕の予備を敷いて、体の向きを変えたりもします。

最初は看護師さんにセットしてもらいましたが、割と自力で左右を入れ替えたりは出来ました。

腕は自由に動くし、ベッドの手すりを使えば、何とか体の向きも変えれます。

寝返りとまではいきませんけど。






しかし、管が沢山あって邪魔だ〜。

痛み止めってもっと効くヤツ打てないのかな〜。

脂汗ハンパない〜。

1週間後くらいにタイムスリップしたい〜。

そしたら痛みも止まってるかな〜。

うう〜。



寝よう。

それしかない!


にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫

手術直後

たぶん20時頃。

「Junkoさ〜ん、わかりますか〜?ゆっくり息をしてくださ〜い。」

むむッ!?

ぼや〜っとしてて、見える景色が薄暗い。

あ、手術終わったのか?

むむむッ!?

手足が尋常じゃないほどガクガク震える!?

まるでデパートでだだをこねて床でジタバタしてる子供みたい!?

ちょっと笑えるくらいだ!!

「あ〜大丈夫ですよ〜。すぐ震えは止めますね〜。」

そうか、とめてくれるんだ?

「は〜...い」

なんとなく返事もできる。



術前の説明では、

目が覚めてから呼吸を確認して、その後のどに差し込んでる挿管というのを抜く時に、

のどが痛かったりむせるような感じがあるかもとの事でしたが、

いつ抜いたのかもわからない感じでした。




またウトウトしてると今度は母の声がする。

あ〜、手術室から回復室に来たんだな〜とか思ったりして、頭は落ち着いてました。

「無事に終わったよ〜!もう大丈夫だよ〜!」

「...お〜。平気だ〜。」

ちょっとずつ話せるようになってきますが、まだボーッとはしてます。

術後だし熱もある状態なので、そんなもんなんでしょうね。

私の耳元に携帯を持ってきてくれて、神戸の旦那ちゃんにも報告。

「う〜、無事だ〜」

「そうか〜」

旦那ちゃんへの報告はアッサリ終了(笑)

動けないしよく見えないけど、母は泣いてるっぽい。

なんでも、5時間と聞いていた手術なのに、

手術室の外で待ってた時間は7時間もあったので、

何か手術が失敗したのでは!?と気が気ではなかったらしいのです。

シロウトには準備や片付けの時間まではわかんなかったしね

しかも私の顔色が土色で、いかにも重病人に見えたのがまた心配させたみたいです。

顔色は仕方ないですよねえ、直後だし。

でも、ホント心配かけました〜。






20時までの面会時間も過ぎているので、私の意識回復を確認した両親もすぐに帰宅。

もう部屋が暗いのがわかる。

みんなが出て行ってまたウトウトしていたら、

今度は手術担当の平井堅似の先生が来てくれました。

「手術は上手くいきましたよ。

ちゃんと子宮は残せたから安心してくださいね。」

あ〜そうか、忘れてた。

ボーッとしちゃってて寝るばっかりだった。

「先生、ありがとうございます。」

ロレツまわってたかな?

酸素マスクをずらし、なんとかお礼は言ったと思う。

そうか。

残せたんだ。

ヨカッタ。



後でもう一度聞くと、リンパなどへの転移もなく手術は予定通り順調に進んだようです。

ただ、切った部分の断面は問題なかったのですが、断面より5ミリ内側には異形成があったようです。

癌の転移はなかったけど、手術する事でこの異形成も取り除けたという事は、

「転移してない可能性が高いのに、なんで開腹手術なんかしなきゃいけないんだーっ!?」

と思っていた私には、

「やっぱり手術してヨカッタ〜」

と思うのに十分な結果でした。





いや〜、終わった終わった!

山は越えたかな?(笑)



にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫

2013.9.13 準広汎子宮頸部摘出手術へ

朝がきました。

ヨカッタ、そんなに喉は乾いてない。

手術当日は何にも飲めないもんもんね。

歯磨きで十分な感じでした。

8時頃、浣腸で腸をキレイにするのはたまらんかったなあ(笑)

個室でヨカッタよ〜(´゚艸゚)ププッ

夜中には下剤が効いて、ちゃんとトイレ行ったのに、まだ出るもんなんだな(´ε`*)



手術はお昼からだったので、それまで喉が渇かないかなと思ってましたが、

割と大丈夫でした。

病室が変わるので荷物をまとめたりしてましたが、気分も落ち着いてます。

手術用の病衣に着替えて、病院に用意された血栓予防の着圧ソックスを履きます。

IMG_0029.jpg


11時頃、点滴を開始。

そして車椅子に乗って両親と手術室へ向かいます。



きっと両親の方が私より緊張してるだろうな。



私は大丈夫だよ!





そしていよいよ手術室へ。


前の病院も凄かったけど、また九大の手術室はバリ広い!!

「めっちゃスゴイ!!NASAか!?いやNASAはもっとなのか!?」

「でしょ〜。みなさん驚かれるんですよ〜。」

車椅子で運ばれながら、患者である立場を忘れてはしゃぎすぎました( ´艸`)



手術台に乗って、心電図つけたり準備が始まり、

麻酔科の先生によって、背中に術後の痛み止めを注入するための管を通す作業が始まります。

これは痛かった!☆

センチネルなんかより、こっちが要注意だった!!!

しかも難しいのか5回くらいやり直した!!!

体を横向きにして丸まって、

管が背中に入っていく途中で

「いっ...!」

って声が出るくらいは痛い...!

背中に管が入っていく途中で、痛い場所に管が触る感じがあって、

痛くなると中断し、この作業用の痛み止めの注射を追加してまた管を入れ直す。

この繰り返しが5回。

20分くらいかな〜。

やっと終わった時は脂汗かいてましたよ(>_<;)

あとは仰向けになって酸素マスクがついたら、マスクから麻酔が入ります。




どうか、上手くいきますように!

先生、お願いしま〜す♡


にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村 ☜ よろしければ ポチッとお願いします♫
About

Junko

Author:Junko
+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚


ご訪問ありがとうございます
神戸市在住のJunkoです
(。・ω・。)
読みづらいとこもあると思いますが、よろしくおつきあい下さい♫


★子宮頸がん★
子宮頸部の検診(細胞診)でクラスⅤと診断され、円錐切除手術による病理検査で1b1期の子宮癌が認められました。
2.5㎜の浅い癌でしたが、
2013.9.13
準広汎子宮頸部摘出手術と
センチネルリンパ節生検を受けました。

2016.9 → 転移はなく平和に過ごしております♫



+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
New Entry
Category
Archive
Comment
Trackback
Counter
instagram
Favorite Link
Search Form
RSS
QR Code
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

博多んもん★点取り
Σ(´□`ノ)ノおぉ!!!!!
[ジャンルランキング]
心と身体
5422位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
1170位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。